ご挨拶

当事務所の所長を務めておりました原山邦章弁護士は、昨年8月21日死去いたしました。生前、故人に賜りましたご芳情に対し、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。

私は、生前同弁護士より事務所の経営参加の誘いを受け、当事務所に加わりました。その矢先に同弁護士を失ったことは当事務所にとっても計り知れない痛手でした。

今後は、私が故人の遺志を引き継ぎ、よりよい法的サービスを提供できるよう従業員とともに努力して参る所存です。なにとぞ倍旧のお引き立てを賜りますよう、心よりお願いいたします。

小澤 進

弁護士紹介を詳しく見る

コラム

バックナンバー
笑う経営 平成29年4月 【平成29年4月 発行】 
「是非日本人から」と、多くの日本人が長い間この日を待ち望んできたことが、ついに実現した。これまでチャンスがありながらもあと一歩のところで成果をあげられず、決め手を欠き、何度も見送られ、その度に残念な思いをさせらてきた。 しかしとうとう  続きを読む→
笑う経営 平成29年3月 【平成29年3月 発行】 
先日、還暦を祝う会として高校の同窓会が行われた。卒業して42年が経って、すっかり老けてしまった人もいれば、中身はともかく見た目があまり変わらない人もいて、人それぞれ。当時若手だった先生と元生徒の見分けがつかなくなってきた。 風  続きを読む→
笑う経営 平成29年2月 【平成29年2月 発行】 
「門松は冥土の旅の一里塚、めでたくもありめでたくもなし」 お正月を祝ってたてる門松はめでたいものだが、門松を飾るということは歳を一つとることで、その度に人生の終わりに近づいていく。一休禅師の狂歌と言われている。 一里塚   続きを読む→
笑う経営 平成28年9月 【平成28年9月 発行】 
  リオ・オリンピックは日本人選手が大活躍でした。水泳、柔道、卓球など好成績を残しました。またバドミントンと競歩、カヌーなど史上初のメダルを獲得した競技もありました。加えてバドミントンと競歩は長野県出身の選手だという  続きを読む→